2008/11/30 Sunday

最近の作業とか写真とか

Filed under: Diary — at 0:51:32

年末なのに引き蘢り気味です!webが出来たらまた告知しますが、12/20(土)に久々にラップトップ(+プロジェクタ)でライブやります。音響たまーらんどの時間です。

最近はその準備でしばらく離れてたc++に戻っていますが良くも悪くもActionScriptに慣れ過ぎてしまってもうこっちは初心者レベル。果たして間に合うのか…?

なんとなく、ストイックにアルゴリズム観測的な事がしたくて進めてるけど着地点が見えてないというかどう収集させるか自分でもよくわからない。

撮った写真をひっくり返して、お気に入りの写真とかを普段とは別のflickrアカウントに入れてこうと思った -> kojimajunya_img@flickr

2008/11/29 Saturday

STUDIO APARTMENT

Filed under: Works — at 1:17:47

STUDIO APARTMENTのサイトが公開されたようです。

デザインはこの間のHIGH5にも出演していたartlessのShun Kawakamiさんで、僕はFlashの実装を担当させて頂きました。

技術的に特別レベルの高い事はしていませんが、Shunさんらしい純粋にキレイなサイトだと思います。BGM代わりにもなります。

今回だけでなくいつもですが、このような貴重な機会を与えてくださり日々お世話になっているPanoptesランチアさんに心から感謝致します。と共に、まだまだご迷惑をかけっぱなしなので初心に返るつもりで努力して行く所存です。

2008/11/27 Thursday

“WEBデザインから生まれたCD”

Filed under: Diary — at 1:44:58

FICCさんがとうとうCD出したらしいですよ。とことんオシャレですなぁ

ブログパーツもオシャレですよ。貼ってみたり↓

(more…)

2008/11/19 Wednesday

Alchemy 触ってみた

Filed under: Flash — at 2:35:00

Alchemy

基本的な仕組みは、.cファイルとかにswcのオプションを付けてgccでコンパイルして、それで出来たswcをasで読み込んで使う感じですね。

上の画像のswfは、サンプルにあったstringechoの結果をSpriteに貼付けてるだけで、asから渡されたStringをそのまま返すcのメソッドを、asから”Hello Alchemy!”を引数にして実行した結果をTextFieldに入れてます。↓

tf.text = new CLibInit().init().echo("Hello Alchemy!");

echoメソッドとか.cファイルとかはサンプルのstringechoフォルダそのままです。flex3でastroをコンパイル出来る環境が整っているなら、コンパイル時のコードは

mxmlc -library-path+=stringecho.swc MyEcho.as

↑こんな感じです。stringecho.swcが.cファイルをコンパイルして出来たswcですね。詳しい行程は上記AdobeLab内のGetting Startedに書いてあります。

Flashを触り始めた頃はCと繋がるとは夢にも思っていませんでしたが、これからどんな使い方をされていくか色々と楽しみです。

2008/11/17 Monday

openFrameworks – sendOSCメモ

Filed under: Openframeworks — at 3:42:11

0からスタート出来るくらいの勢いで基本的な事もログしていくよ

Liblo

受信先はSuperCollider

liblo.a→ビルドターゲットに追加

app.h内
最初に

#include <lo/lo.h>

class app:にてsender定義

lo_address sendOsc;

app.cpp内
setup()にて初期化

sendOsc = lo_address_new("127.0.0.1", "5500");

あとはご自由に
lo_send(sender, コマンド, データ型, …);

//SynthノードNo1000の変数freqに440
lo_send(this->sendOsc, "/n_set", "isi", 1000, "freq", 440);

メディ芸WSの授業用ページ様々状態です ってか今のスタ5の学生にof教えてほしいくらいです。泣ける

Next Page »

HTML convert time: 0.192 sec. Powered by WordPress